大阪南ロータリークラブ
第2660地区

2023-2024年度 中村 剛

会長:中村 剛
幹事:山本 和良

RI会長
ゴードン R. マッキナリー Gordon R. McInally
(South Queensferry)

世界に希望を生み出そう

運営方針 会長 中村 剛

I LOVE 大阪南ロータリークラブ
「そこに愛はあるんか?」
ロータリー活動の優先順位を上げよう

昨年度、当クラブは70周年を迎え、すべての事業を70周年記念事業と捉え、会員の思いをひとつにして活動し、にぎにぎしく70周年を祝う事が出来ました。多くの先人たちの、今、その時を大切に、不易流行を見極め繰り返えすことで、迎えられた70周年だと確信しています。これからの未来に向け、奉仕活動の決意と覚悟を示すことができたと思います。

2020年に起こった新型コロナウイルス感染症により、当たり前に思えていたことが当たり前でなくなり、いくら世の中が変化しても変わらない不易な事ですら変化を余儀なくされました。しかしながらその、変化を知らなければ、新たな展開を生み出すことができません。

ロータリークラブにおいても、同じ現象が起きています。
不易であるはずの、ロータリークラブ定款に記されているクラブの目的
*「ロータリーの目的」の達成を目指すこと。
*5大奉仕部門に基づいて成果あふれる奉仕プロジェクトの実施。
*会員増強を通してロータリーの発展に寄与する。
*ロータリー財団を支援する。
*クラブレベルを超えたリーダーを育成する。
と言う目的が、コロナ禍において、変化を余儀なくされています。しかしながらそんな中においても、目的を達成すべくいろんな形で革新を行っています。が、意識や気概が希薄になっているのも否めない事実であります。コロナの後遺症とも言えるでしょう。だからこそ、今できることは、原点回帰ではないでしょうか?ロータリーの樹にもあるように、根っこの部分でもあるクラブ奉仕部門や会員増強の強化や財団への理解などを今まで以上に強化し、実施することにより一層ロータリーの樹が成長し、大きく剛性の高い樹と成長するのです。

私は、大阪南ロータリークラブが大好きです。2007年に入会し色んな役割の中でいろんな奉仕活動を「真実かどうか」「みんなに公平か」「みんなのためになるか」を照らし合わせながら体験させていただきました。そんな多くの体験を通して、多くの学びと、多くの友情を深めることが出来ました。

16年間のロータリー歴で通算12年と言う不良会員の皆勤実績は、4年のブランクがあります。入会最初の3年間は、真正面から向き合うことをせず、なかなか自分の居場所を見出すことができませんでした。そんな中でも、色んな方々から、声をかけていただき、役割を頂くことで、ロータリーの優先順位が上がり現在に至っています。また、残りの1年のブランクは、コロナ禍において、社業も大変で例会出席もまならず退会という2文字もよぎりましたが、本当に多くのメンバーから、アドバイスや励ましのお言葉を頂き、お陰様で、前向きに活動させていただく事が出来ました。

ロータリー歴16年で紆余曲折ありましたが、大阪南ロータリークラブの会員ひとり一人に寄り添い愛溢れる対応のお蔭で、ここまで続けることが出来と感謝しています。

本年度会長として私のできることは、皆さんのロータリー活動の優先順位を、一段階上げてもらえるような、クラブ運営を目指すことだと思っています。「ロータリー樹」の根っこの部分であるクラブ奉仕・運営の部分をより一層活発にすることで、会員サービスの充実を図りたいと考えます。また、5大奉仕部門に基づいて成果あふれる奉仕プロジェクトの実施についても、IR会長方針や地区の年次目標にもあるように、平和の推進とメンタルヘルスへの取り組みが重要です。グローバル補助金や地区補助金を使った事業等も積極的に推進してまいります。

最後に、2025年4月13日から10月13日まで関西万博が開催されます。当該年度ではありませんが、当該地区のクラブとして何が出来るかを模索してまいります。