本文へスキップ

 RI 「ロータリーは機会の扉を開く」 Club「人に、我々にロータリーの機会の扉を開く

運営方針 2020-21年度

クラブテーマ 人に、我々にロータリーの機会の扉を開く

RI会長テーマへ

会長方針 

2020-21年度  会長  木村 芳樹

「人に、我々にロータリーの機会の扉を開く」

木村芳樹会長  2020-21年度ホルガー・クナークRI会長は会長テーマを「ロータリーは機会の扉を開く」とし「ロータリーとは、クラブに入会するというだけでなく、無限の機会への招待です」といっておられます。

 また、第2660地区 簡 仁一ガバナーは地区テーマを、[BACK, To The FUTURE] 〜基本に戻って、未来へ〜、ロータリーの基本を再認識、ロータリアンとしての誇りと自信を、ロータリーの未来をつくる。とされています。

 そして2019年規定審議会において、例会数、メーキャップ、職業分類など多くの制約が取り払われクラブの裁量にまかされるようになりました。これにより独自のクラブを作ることができます。

 これらを受け、この一年、大阪南ロータリークラブとして新会員の皆さんに『機会の扉をひらき』、奉仕活動を通じ社会の皆さんに『機会の扉をひらき』、そして何よりも我々会員みずからが魅力ある『大阪南ロータリーの新たな機会を開く』、そのような一年になればと思い、2020-21年度大阪南ロータリークラブのテーマは 『人に、我々にロータリーの機会の扉を開く』 とします。

 2020-21年度のクラブの重点目標は以下の通りです。

1.例会の充実
 大阪南ロータリークラブの基本であるクラブ例会のより一層の充実をはかる。特にクラブ会員による卓話を充実します。

2.会員増強と維持
 会員増強はクラブにとって優先事項の一つです。今年度は期首会員数プラス5名を目指します。大阪南ロータリークラブにふさわしい候補者を会員一人一人が推薦し、新会員として迎えたいとおもいます。

3.広報活動
 大阪南ロータリークラブの魅力(各奉仕活動等)を発信することにより公共イメージの向上をはかり、また、マイロータリーへの会員登録を推進し、IT化を図ります。

4.会員研修の拡充
 会員研修とは会員間の情報の共有です。新会員はオリエンテーションを初めとして、また年度の浅い会員を含めて、新たな研修システムを構築し、ロータリー、そして大阪南ロータリーの情報をできるだけ早く共有できるようにし、南ロータリークラブのロータリアンになっていただきます。

5.国内社会奉仕、国際奉仕事業
 国内社会奉仕は財団の地区補助金を活用した地域社会への奉仕活動を、そして国際奉仕はグローバル補助金を活用した前年度から引き継いだ国際奉仕事業を完成させ、次の新規国際奉仕活動の企画をします。

6.青少年奉仕 (インターアクト、ロータアクトの活動の支援)
 インターアクトクラブ、ロータアクトクラブそれぞれの活動を支援し、また連携した活動を企画実行する機会を作ります。(2020年RI理事会により、ロータアクトクラブの年齢制限を独自に制定できる)

7.大阪南なみはやロータリー衛星クラブへの支援
 第2660地区最初の「大阪南なみはやロータリー衛星クラブ」の会員基盤の拡充を支援します。

8.米山奨学生、グローバル奨学生
 米山奨学生の受け入れが決定しており、またグローバル奨学生受け入れの検討を行ないます。

9.国際交流 (台湾ロータリー国際大会参加)
 姉妹クラブの台北中央クラブがガバナーを輩出します。それを記念し、国際大会への参加を推進します。

10.ロータリー賞の獲得
 2020-21年度ロータリー賞の獲得を目指します。

                                     以上


資料

準備中です。

会員ページに移動します。

大阪南ロータリークラブ

事務局 〒556-0011
大阪市浪速区難波中 1-12-5
難波室町ビル8 F
TEL 06-6647-6236
FAX 06-6647-6237
E-mail
osaka-south@alpha.ocn.ne.jp
例会場
スイスホテル南海大阪 8階
「浪華の間」
例会場TEL 
  
06-6646-1111
例会日時
毎週 火曜日

12:30〜13:30